風俗バイトのお役立ち情報

風俗とキャバクラを徹底比較!どっちが稼げる?仕事内容や給料の違いとは?

「風俗」と「キャバクラ」を徹底比較!どっちが稼げる?仕事内容や給料の違いとは?
お金が貰える求人サイトって知ってる?

風俗とキャバクラを徹底比較!どんな違いがあるの?

疑問(はてな)を浮かべる女性

女性の高収入バイト(ナイトワーク)の代表格と言えば、「風俗」「キャバクラ」です。

どちらも人気の高収入バイトで、お金が欲しいと思う女性なら働こうと考えます。

しかし、「どちらの方が稼げるのか?」「どんな違いがあるのか?」を明確に理解している女性は少ないです。

そこで、「風俗」と「キャバクラ」の違いについて比較して解説していきます。

ココがおすすめ

早い者勝ち!
日給7万円稼げる風俗求人はコチラ

【比較】風俗とキャバクラの仕事内容の違いとは?

対面座位でセックスする男女

風俗とキャバクラの仕事内容の一番の違いは「一線を超えるかどうか」です。

風俗店は、性風俗特殊営業という分類で「射精(抜き)」を目的としたサービスを行います。

キャバクラ店は、風営法でいう飲食店扱いの乾杯ワークなので、「射精(抜き)」のサービスがありません。キャストは接待を行って、会話やお酒を楽しむ場がキャバクラです。

風俗と水商売の線引きは曖昧ですが、お触りやキスなどの性的サービスがあれば「風俗」そこまでいかないナイトワークは「水商売(キャバクラ)」と線引きしている女性が多いです。

風俗の仕事内容

風俗の仕事内容は、業種にもよりますが、共通して言えるのが「抜きアリ」ということです。

基本的に性風俗店では抜きのサービスがあります。

なので、男性客は射精して終えます。

中には、抜きのない風俗店(おっパブメンズエステなど)もあります。

ほとんどの風俗店では性的サービスを行って、お客さんを射精させます。

数ある風俗の中でもキャバクラに似ているおっパブでは、男性から女性へのお触り(胸などの上半身)やキスがあります。

風俗嬢はキャバ嬢ほど容姿を求められませんし、会話力(コミュニケーション能力)も求められません

キャバクラの仕事内容

キャバクラの仕事内容は、男性客の横に座って「接待」を行うことです。

接待を行う上で、多少のお触りをされたりしますが、キャストが嫌がる行為や性的サービスは禁止されています。

お酒などのドリンクサービスがあり、アルコールが飲める女性の方が有利になります。

ノンアルコールでも問題ありませんが、どうしてもシャンパンを開けたりすると飲めないと場の空気が悪くなったりします。

キャバ嬢は、営業時間前にお客さんと会ってから出勤する同伴や、仕事終わりにお客さんと食事や飲みに行くアフターなどで営業活動を行います。

また、お小遣い稼ぎや指名確保のためにパパ活(枕営業)を行うキャバ嬢が多いです。

風俗嬢よりもキャバ嬢の方が容姿の綺麗さ会話力(コミュニケーション能力)を求められます。

【比較】風俗とキャバクラの給料の違いとは?

お金持ちの女性

「風俗」と「キャバクラ」の給料の違いについて比較していきます。

結論から言うと、風俗嬢の方が高収入を稼げます。

しかし、六本木や歌舞伎町の人気キャバ嬢と地方の人気風俗嬢を比べると、都会の人気キャバ嬢の方が稼いでいます。

また、キャバクラではパパ活で稼いでいる人もいます。

単純にお店からの給料では、キャバクラよりも風俗の方が上回ります。

風俗の給料

風俗の給料は「完全歩合制」です。

仕事(指名)があれば、給料が貰えますが、仕事(指名)がゼロ(お茶引き)なら給料も0円です。

シビアな世界ですが、実力でのし上がることが可能な世界です。

風俗のメリットはどんな容姿・年齢の女性でも高収入を稼げることです。

風俗店は多種多様で、様々なコンセプトのお店が存在しています。

そのため、熟女でもブサイクでもデブでもギャルでも清楚系でも努力すれば稼げます。

キャバクラの給料

キャバクラの給料は「時給制+歩合制」です。

基本給は時給で支払われ、ドリンクバックや指名バックなどの歩合給があります。

最低賃金は保証されているので、コンビニなどの一般的なバイトよりかは確実に稼げます。

ただし、時給だけでは満足のいく高収入は稼げません。

風俗で言うオプションのような、お客さんが空けたボトル、使った代金によって上乗せされるポイントスライド制を採用しているので、お金をたくさん使う太客を抱えることで一気に収入を伸ばすことができます。

そのため、指名を貰えるよう努力したり、場内指名が貰えるよう美容に力を入れる必要があります。

また、太客(お金をいっぱい落としてくれるお客さん)のために枕営業(パパ活)したりすることもあります。

結局は風俗嬢のようなことをしているキャバ嬢は多いです。

風俗嬢のメリット・デメリット

ベッドの上でセックスするカップル

「風俗嬢」と「キャバクラ嬢」のメリット(利点)とデメリット(欠点)について詳しく解説します。

まずは、風俗嬢のメリット・デメリットから解説していきます。

風俗で働くメリット(利点)

  • とにかく高収入
  • 会話が苦手・下手でも稼げる
  • シフトが自由
  • 営業活動をしなくてOK
  • 容姿不問
  • 年齢不問

風俗で働くデメリット(欠点)

  • 性病の感染リスクがある
  • 身バレのリスクがある
  • 好きでもない男性と性的行為をしなくてはいけない
  • 生理の時に稼ぎ辛い
  • 世間からの評判が悪い
  • 身体的・精神的負担が大きい

キャバ嬢のメリット・デメリット

お客さんと会話するキャバ嬢・おっぱぶ嬢

「風俗嬢」と「キャバクラ嬢」のメリット(利点)とデメリット(欠点)について詳しく解説します。

次に、キャバ嬢のメリット・デメリットについて解説します。

キャバクラで働くメリット(利点)

  • 時給があるので最低賃金が保証される
  • パパ活する相手をある程度は選べる
  • 都会なら金持ちが多い(お店による)

キャバクラで働くデメリット(欠点)

  • 営業活動が大変
  • ノルマがきつい(お店による)
  • 会話力(コミュニケーション能力)が必要
  • 容姿端麗じゃないときつい
  • 若くないときつい
  • 地方・田舎だとあまり稼げない

風俗とキャバクラの違いまとめ

風俗とキャバクラは女性の高収入バイト(ナイトワーク)の代表例です。

風俗店には、デリヘルソープピンサロなど様々な種類があって、サービス内容が異なります。

自分のできるサービスの範囲でお店を選ぶことが出来ます。

キャバクラでは、時給があるので最低賃金は保証されるので、風俗嬢のように0円で帰ることはありません。

しかし、男性客からセックスを求められることが多く、パパ活してもフェラや手コキで終わることはありません。

キャバクラでは性的サービスがないように思えますが、実際は枕営業しているキャバ嬢は多いです。

それなら最初から風俗で働いて高収入を稼ぐ方が実は稼げたりします。

風俗とキャバクラの仕事内容や給料を比較してみて自分はどっちが合っているのか判断しましょう。

また、働く地域によっても色々条件が変わります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ザウパー編集長

ザウパー編集長

風俗嬢として15年間働いた経験を活かして当サイトを開設しました。

当サイトのミッションは
【貧乏から脱却し、自分をもっと好きになってもらおう】
です。

「今の生活レベルでは物足りない!」
「もっとお金を稼ぎたい!」
「借金を返済して自由になりたい!」

そんな稼ぎたい気持ちのある全ての女性をサポートします!!!

高収入バイトは風俗バイトだけではありません。
アダルトなことをしなくても稼げる高収入バイトもあります。
・ガッツリ稼ぎたい!
・副収入が欲しい!
・隙間時間だけで稼ぎたい!
女の子によって稼ぎたいレベルは違います

お金を稼げば自分に投資して綺麗になってさらに稼げる好循環が生まれます!
最初が特にしんどいので、貧乏を脱却するため、全力でサポートしたいと思います

-風俗バイトのお役立ち情報
-, , , , , , ,